So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

後遺症のない癌治療

あなたは癌の治療を医者にすべて任せているのですか?
で、診察した後で外科手術を進められたでしょう?
手術しましょう、と医者が言うことは治る可能性があると考えているからです。
その限りではありがたいですね。
手遅れだったら手術しましょうなんて医者は絶対に言いません。

 ⇒ 手遅れと言われても可能性があります!

外科手術は何をやるかというと癌細胞に侵された臓器を切り取ることです。
臓器の形態や機能を温存できる他の治療法と決定的に違うところですが治療効果は高いと言えます。
でも臓器を切り取ることから後遺症が問題です。

いわゆるQOA・生活の質が格段に落ちてしまうことです。

複数ある臓器ならまだしも、一つしかない臓器では特に困ります。
膵臓なんかではインスリンが問題となり、術後は一生インスリン注射が必要になります。
複数ある臓器でも、肺が一つになると呼吸に著しい機能の低下が起こります。
すぐ息切れするようになりますから、酸素ボンベを常に持ち歩かなくてはなりません。



乳癌なんかだと女性は大変だと思います。
これは女性にしか分からないでしょう。

生殖器官にも癌はできます。
子供の産めない身体になったショックは大きいと思います。
ご高齢の方ならあきらめもつきますが、若い方がこの生殖器系の癌になってその部位を全摘などしようものなら人生真っ暗です。

 ⇒ 手遅れと言われても可能性があります!




















癌 後遺症
癌 後遺症









この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。